検索
  • asmaterialhp

Vol:4 コロナを経て思うこと、つらつら綴ってみました。




コロナが流行りだし、生活に影響し始めた4月始め、私は家の引越をした。

そしてあれよ、あれよと、世の中の状況、仕事、生活環境ががらりと変わり、

体調にも異変が………

まず食欲がわかず、大好きなビールを飲みたいとも思わない。

新緑の季節、お家時間がたくさん!

旨いつまみを作ってビールをダラダラしながら堪能したい!

と不調と戦っていた。

ほんのり回復してきた今、いろいろ考えたことを綴ってみたいと思う。

最初の頃は、仕事は在宅、外に行くのはスーパーや薬局くらい、

たまに犬の散歩。マスク必須!

人生でこんなにもおこもりになったことがない。

友達や家族とはネットでつながれるのでそんなに苦ではなかった。

何がそんなに体調も気持ちも落ちてしまったのか、

普段の生活をつらつらと思い返すと

自分では気づいてなかった“無意識の私時間”が存在した。

自分が行動しているから、自分の時間なのだけど、

意識せずにやっていたことがあった。


これをやらないと死んじゃう!とまではいかないが、

私にとっては必要な時間だったのだろう

というものがぽっかりと無くなってしまった。

そのひとつに“ちょっと寄り道”がある。

ちょっと本屋に寄り道して、本や雑誌をチェック!

ちょっとミニシアターでひとり映画

ちょっとデパ地下で美味しそうなものをチェック

ひと駅手前で下車してちょっとウォーキング

カフェで本読んだり、勉強したり、仕事の続きをやったり………

自粛生活になってから、これらは一切カット。

もちろん非常時には、省かれる行為で私も異論なく即実行。

がしかし、

自粛が続き、体調も心の調子も思わしくないとなると、

なぜ?なぜこんなに悶々するの?

と考えることが多くなった。

生物として行きていくには、まず食べること、寝ること、

健康であることが重要で、余暇や心の余裕はあまり含まれない。

だけど、人として生きるには+αの”ちょっと”要素が必要で、

私にとっては“ちょっと寄り道”がそうだったのかもしれない。

“ちょっと寄り道”という名の私時間だったのかと思う。

絶対にこれがやりたい!!ということではないけど、

自分で選択して、自分で行動する自由さがそこにはある。

それは空気みたいなもので、普段は気づかない。

だけど、誰かにとってはなくてはならないものの存在。

穏やかな心と体で生きて行く為に必要なことって、

実は世の中にたくさんあることに気がついた。

それはひとりひとり違う。


ある人は音楽やアートであったり、友達との遊びや家族と過ごす、

仕事を一生懸命するなど、いろいろある。

みんなそれは、ひとつだけじゃないはず。

私たちは特別なイベントの為に生きているわけでなく、

スペシャルな時間じゃない、

毎日の小さな出来事、時間の積み重ねの中で生きている。

それがまったく出来なくなると、こんなにも体に影響するのかとしみじみ体感した。

それが出来なくても生きていけるけど、やっぱりそれがまったくできなくなると

精神的なダメージが大きい。じわじわ体にも影響してくる。

私たちのワークショップもイベントなので非常時には省かれるもののひとつ。


これは当たり前。

だけど、私が寄り道を自分の生活の一部分で、実は大切な時間だったように、

私たちのワークショップも誰かのそんな一部分を担っていたらいいな、

そんな存在になれたらいいなと思った。

絶対に必要不可欠ではないけど、たまに会って挨拶を交わす、何かを無心でやる、

新しい発見をする。特別なことではなく、誰かの生活の一部分のような存在。

そういう存在になれたらうれしい。

ウィルスは消えるものではないから、上手に付き合っていくしかない。

私たちはこの数ヶ月で学んだことがたくさんある。

ウィルスと上手に付き合いながら、

みんなが自分の生活を楽しめる方法を見つけていけたらと思う。


コラム文:粕谷幸絵

0回の閲覧